Now Playing Tracks

著作権のアレやコレ

会社で日本の著作権についての勉強会を開く機会があり、それに参加させて貰った時に面白い話を聞けたので、自分用にメモ。

++++++++++

著作権は創作を何らかの形式で表現した時に「自動的」に発生するものである。
表現してない段階(アイデアの状態など)では発生しない。
著作権違反の裁判などではよく「どちらが侵害しているか」で議論となるが、多くの場合は「表現した日時」よりも「発表した日時」によって、どちらが著作権を侵害したかを判別する場合が多い。

ここまでは結構知ってたんだけど、ここから先が色々と勉強になった。

この著作権を大きく強化できるのが「商標」。
商標に登録すると、それら著作物が保護されるようになり、裁判でも大きな効力が発揮される。
なんだろう、著作権が基本プレイ無料状態で、商標登録がプレミアムコース課金みたいな感じ。
商標登録には申請する時と、申請が受理されて登録する時にお金がかかる。
また保護期間も五年コースと十年コースがあり、それによって登録時の料金が変わるようだ。
商品登録できるのはロゴマークや文章(製品の名前や作品のタイトル)などなど、結構色々登録できる。

それとは別に、スゲー効力を持ってるクセに曖昧で厄介な存在で、不正競争防止法というのがある。

不正競争防止法とは。
例えば、今や世界的に有名なマイクロソフトと、その製品であるWindows。
しかしそれとは別に、最近になって「株式会社Windows」という名前の会社を立ち上げた経営者がいるとする。
その経営者が、Windowsという会社名を使い、あたかもマイクロソフトの関連会社のように振る舞って利益を得たとしよう。
この場合マイクロソフトが訴えれば、それは「不正競争防止法」が適用され株式会社Windowsは賠償金を支払うことになるかもしれない。

つまり、虎の威を借る狐や他人の褌で相撲をとる輩を抑止する為に存在する法令なのだ。
この法令の機能は素晴らしいし、あれば助かるものだと思う。
しかし、その判断基準が非常に曲者である。

次の例を出してみよう。
例えばたまたま「秋の味覚」なんていう同じ名前の商品が存在し、それぞれは別の会社が開発したものであるとする。
一方がお菓子の「秋の味覚」、もう一方が飲料の「秋の味覚」だ。
どちらも同じ名前の商品であり、それぞれが「相手は不正競争防止法を違反している!」と主張したとする。
この場合、どちらが保護されるかと言えば、「世間的に有名な方」である。
その辺の人をとっ捕まえて「秋の味覚、といえば何を連想しますか」なんて聞いてお菓子と飲料、多い方を保護し少ない方を罰するようなものである。
つまり、勝つか負けるかは宣伝力と広告費次第……多くの場合は会社規模によって決まってしまうのだ。
場合によっては著作権違反をしている方が、宣伝力と広告費でゴリ押しして不正競争防止法を適用させ、事態をややこしくしてしまうのである。
本当に厄介。


ちなみに、よく見かける「©」「®」「TM」の意味は以下の通り。

©=Copyright。著作権で守られてますよーっていう表記

®=Registered Trademark。商品登録されてますよーっていう表記。

TM=Trademark。商標登録されてないですけど、商標として使いたがってますよーっていう表記。
この表記があるからといって、他人による同じ商標の登録を阻止できるわけではない。
しかし、そこには不正競争防止法先輩が睨みを効かせてる場合が多々ある。


以上、僕が勉強会で教えてもらったことです。
僕自身のメモや理解速度が性能的に低いので、曖昧な部分にはご容赦を。
間違ってる部分には指摘とかくれると嬉しいかもー。

以上、公開メモでした。

悔しさをバネにする必要はない。

今まで創作をしてきて出た答えの一つである。
創作している者は分かるだろうけども、大衆の目に晒した創作物は大抵の場合は叩かれる。
ボロクソに言われ蔑まれ罵られケチョンケチョンのグッチャグチャになるまで叩き潰される。
自分の想いや心を注ぎ込んだ創作物が心ない言葉により破壊されてゆく様は、作者の心をズタズタに引き裂き地の底まで叩き落とす。

否定されたことがないって言う天才さんは、この時点で察してお帰りいただきたい。

続けよう。
さて、もうドロドロのデロデロな精神となった作者だが、中には悔しさをバネにして立ち上がれる人がいる。
それはきっと素敵なことなんだろう。
だけど、ちょっと待って欲しい。
もし、その「悔しさ」がなくなったらどうする?

自分の話を例にしよう。
自分は今まで評価されたくて、物語や漫画の創作をやってきた。
評価されないことは自身の存在の否定だと感じて生きてきた。
いつか評価される日を夢見て、他者が投げてくる否定を糧に創作を続けてきた。
だが、ある日気付いてしまったのだ。

「評価された暁に、自分は創作を続けられるのか」

いきなり恐ろしくなった。
自分がペンを握る時の心はいつも、称賛と喝采を求めている。
飢えた心に動かされるままに、ペンを走らせるのだ。
だが、それ以外に創作に向かう時の理由が分からない。

飢えなければ創れなくなってしまったのだ。

こんな心で自分は良い作品を創れるのだろうか。
よく頭を抱える。
愛も何もなく、自己顕示欲のみで創作を続けている。
そんな作品に価値はあるのだろうか。
当然の如く評価もされず、自分はさらに飢えをつのらせペンを走らせる。
この悪循環の中で粗悪品を作り続けているのだ。評価の為だけに。でなければ創作などという、こんな苦行はやっていない。
「絵を描くのが楽しい」と心から言える人が本当に羨ましい。

いつの日か、評価されたいとは今でも思う。
でも、評価されたその時、自分はまだペンを握れているのだろうか。
その足を前に進め、彼方を直視できるのだろうか。
未だに答えは出ないまま。
今日も自分は飢えている。

ダイジェスト

就職しました。
半年くらい経ちます。
メッチャ忙しいです。

就職先で勉強したいことが色々と増えて、現在テンヤワンヤです。
やってらんねー!! と、現在叫んでます。

これからは、そういった忙しい生活の中で身についた知識とか、そういうものを吐き出せるようになれればいいなー、とか思ってます。まだまだ勉強中ですけど。

現在はサイト改修など模索中。
作品も増えましたので、いずれ。
場合によっては下記のリンク先にあるwebサービスを使って移転も考えてます。

http://plus.appgiga.jp/masatolan/2014/01/21/50238/

うーん、結構魅力的な内容だけど、言語の壁が怖い。
学生時代に逃げ続けた外国語が現在になって襲いかかってきている。

お久しぶりです

大学の展示でこんなことやってました
去年にやった展示の第二段となります

今回は人数も増えたので、申請は小規模展示から中規模展示へ
展示できるスペースがグッと広くなりました

逆に広すぎて、スペースを埋めるのが大変だったり
僕はと言えば適当に去年の展示物を流用して並べたり、黒板に落書きして遊んでました

その落書きがこちら
僕の創作言語であるラルカニアによる惺霊術陣構築の理論について説明されてます
そういう設定です

他にも去年展示していた「禁書」など

この禁書は去年も説明しましたが、紫水さんによる創作言語「ラムゲート」が使われており、
またその言語は、この異世界「アラトネス」でも「古代に使われていた言語であり、現在の言語の基盤となっている」という設定で使わせていただいてます
今年も使っていいかと伺ったところ、すぐさま「いいよー」と返事を下さったのはありがたい限り

紫水さんのご協力、この場でお礼申し上げます。

他にも「異世界で作られた」って設定の布や服を後輩が作ったり、
異世界の料理本や、去年より内容の増えた図鑑などが展示されてました

図鑑はホントに数が増えて、パラパラと適当にめくるだけでも楽しめたかなと思います

僕はこんなのを描かせていただいてました
ゼミや他の課題で忙しくて一体描くのにに1~2時間もかけられなかったのが悔しい

ご来場の皆様、ありがとうございました

また、これらの写真を提供してくれたgreenちゃん、しょーやちゃんに感謝

こんなん作ってたりするけど、他にもポートフォリオとかで忙しいです
デザイン系の職に就きたい人は、企業に「ポートフォリオ頂戴」と言われてから慌てて作るより、
前々から準備してた方がいいですホント

ひぃぃいいいいい

++++++++++

放置してたサボテン

なんにも世話してないのに増殖するわ花を咲かせるわで凄いことになってます
やはり砂漠で生きてきた猛者にとって日本の環境はヌルゲーか……

WFに参加していました
いやー、忙しかった

しばらくフィギュア削ったり盛ったりしていました
しかし完成ならず、今回は原型展示になってしまいました
ぐぬぬ

与作ちゃん、黒糖くん、ワタビくんらと一緒に「ぼくたちのモンブラン」というサークルに参加させていただいてまして、
今回もそのサークルにて販売、展示などしていました

僕はと言えば、こんな趣味全開のフィギュア作ってました

単眼娘かわいいよ単眼娘
今回は完成しませんでしたが、次回のWF(夏)にはガレージキットの販売ができると思います

んで

黒糖くんはグレンラガン公式パロディ「グレパラ2」に出てくる魔法少女キヤルを販売
キヤルはグレンラガンのキャラの中でも一番可愛いと思う

 

与作ちゃんは初音ミク(カラフルドロップVer)とオリジナルフィギュア二点を販売
ミクの方は完売してました
すげー!!

今回、こちらのスペースにまで足を運んでいただいた方々、ありがとうございました
参加者の皆様、お疲れ様でした!

++++++++++

これからの話
単眼娘をちょいちょい直して作業を進めつつ、就職活動を進めていかんと
特に、まだポートフォリオが出来ていないので、それ用の作品を作っていきます
まだまだ忙しい期間が続くかな、と
就活やだー(´;ω;`)

一月一日だから休むぞー!
部屋の掃除と模様替えでコッチは疲れてるんじゃー!

いまちょっと色々と描いてたりで正月早々忙しいので、落ち着いたら更新します
皆様、今年もよろしくお願いします

そんなこんなで、サイト改装中

基本的なデザインは変わらないと思いますが、
ギャラリーに置いてある作品の整理とかします
整理っていうか、多分殆ど消えます
まあなんていうか、過去は常に黒歴史なものでして
多分これからも、定期的にこうやって消していくのかもなー

あと、サイト名前も変えます
中学生の頃から使ってきたサイト名でしたが、
そろそろ「BLACK-S」だと不便なことが多くなってきまして

We make Tumblr themes